テレワークのメリット 注目されている視点

近年、オフィスに出勤しなくても、自宅やカフェなどインターネットやWi-Fiをしようできる環境があれば、どこでも仕事をすることが可能です。

この働き方を「テレワーク」といいます。
特に今年は、新型コロナウイルスの影響で春頃からテレワークが推進されています。
実はテレワークには企業側と働き手(従業員)側の両方にメリットデメリットがあります。
ここでは、働き手となる従業員の視点からテレワークのメリットとデメリットについて説明していきます。働き手側から見たテレワークのメリットは、「通勤時間の削減」、「子育てや介護との両立」、「勤務地を選ばない方法」、「作業に集中しやすく1日の予定が立てやすい」、「家庭生活との両立」があげられます。

まず、通勤時間の削減です。
特に首都圏では車通勤ではなく公共交通機関での通勤が多いです。コロナウイルス対策のなかでも朝や夕方の混雑ラッシュは避けるようにといわれているわけですから、こうした時間を削減するだけでも身体的および精神的負担が少なくなります。

次に、子育てや介護の両立については、日本社会の問題となっている少子高齢化が原因で待機児童や介護施設の空き待ちなどがあります。
こうした場合テレワークであれば時間を気にすることなく働くことが可能です。指定された時間でなくても子育てや介護など手の空いた時間に自分の仕事を進めることができます。

また、テレワークならば海外勤務などの転勤族は自宅などの選択が必要なく働くことができます。オンラインで国内のみならず海外でも仕事が可能です。
テレワークは作業に集中しやすいのもメリットです。
オフィスにいると新入社員の研修や後輩社員の指導など正規の業務以外のことに追われて帰宅しても仕事に集中できないなどがあり、結局家族が寝静まってから深夜に仕事を、となると、徹夜で作業して翌日に睡眠不足で出社しなければならないなど健康面でも良くありません。

最後にこれは特に女性に該当するかもしれませんが、家事との両立を目指すならテレワークは最適です。自分の予定を組み立てて好きなときに作業をすることができますし、わずかな時間にでも仕事をすることが可能です。

今回、緊急事態宣言が発令され、外出自粛の期間中の新しい働き方として注目されています。まだまだ首都圏ではコロナウイルスの感染者が日々増加傾向にあり、油断ができない状況ですし、第2波がいつくるかわかりません。
ウィズコロナの時代の新しい働きからとして今後拡充が考えられています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする